カテゴリー別アーカイブ: 日本語

日本語ブログ

【喫茶のお知らせ】

 

 

 

旅人よっしーによる喫茶が不定期営業中です。

IMG_7107

IMG_7928

 

 

よっしーお手製のブラウニーもあります。

IMG_7123

この写真、どちらも同じ、ブラジルの豆です。

コーヒー豆はローストするとこんなに膨らむんですね!

よっしーが自家焙煎する深煎りコーヒー。

苦みがガツンときて、癖の無い、すっきりした後味のコーヒーという、

ちょっととがったコーヒーが飲みたい方、是非、お立ち寄りください。

営業日は、別途、Facebookをご確認ください。

https://www.facebook.com/mokumokumogumogu/

 

 

 

 

毎週木曜日はmokumoku café(モクモクカフェ)を開催

アイスコーヒー

mokumokuだけに、
毎週木曜日限定で、
mokumoku caféです!

(午後2時〜午後9時)
絶品フレンチトースト、ご堪能ください。
コーヒー450円、
フレンチトーストとのセットで1,000円です!

フレンチトースト160525
※トッピングは季節や仕入れによって変わります

 

13240015_489386007928549_537564264141190678_n
蒸し暑い日には、
瀬戸内レモンのレモンスカッシュをお勧めです。

ゲストハウス木雲への阪急淡路駅(西口)からの行き方

阪急淡路駅 西改札口

①阪急淡路駅 西改札口をでて、右に進みます。
(右斜め前方が、マクドナルドです)

 

mokumoku-access2

②淡路商店街に入っていきます。

 

mokumoku-access3

③淡路商店街の中を直進してください。

 

mokumoku-access4

④屋根のドームがある交差点に来ましたら、右に曲がってください。
淡路駅西口改札から、ここまで約2分です。
(昼間は、ドーム下の路上に八百屋さんがあります)

 

mokumoku-access5

⑤そのまま、まっすぐお進みください。(右手にはパチンコ屋があります)

 

mokumoku-access6

⑥右前方に、昭和湯がでてきます。

 

mokumoku-access7

⑦そのまま進むと、右手に木雲があります

 

ゲストハウス木雲のエントランス

 

 

 

湯に行く(ユニーク)ゲストハウスとして、産経新聞に掲載されました

5月26日の産経新聞で、ゲストハウス木雲の記事を掲載いただきました。

木雲_産経新聞

大阪のB級グルメの鉄板!大阪淡路でお好み焼きを食べるなら「二代目ぼん太」

ゲストハウス木雲(もくもく)に宿泊いただく方に、商店街や地域のお店について問い合わせをいただくことが多いので、少しずつ紹介していきたいと思います。

大阪といえば粉もん!第一弾は、店主森川も常連のお好み焼き屋さん「二代目ぼん太」です。
グルメサイトでもないので、人と人がより合う商店街ならではの視点で、人にフォーカスをしながら紹介していきたいと思います。

お好み3種

 

開業の裏に涙あり。両親との思い出のお店「初代ぼん太」

まずは、開業のエピソードをご紹介します。

初代「ぼん太」があったから「二代目ぼん太」という店名なのですが、大将は「ぼん太」の息子さんでも、お弟子さんでもありません。
「ぼん太」に通っていたお客さんでした。

「ぼん太」は、地元で評判のお好み焼き屋さんでした。
大将のご家族も、大将が小さい頃から外食と言えば「ぼん太」が定番でした。
ファミレスや焼肉、うどんにも、鰻にも目もくれず、ことあるごとに、家族の外食は決まって行くのは「ぼん太」。

とにかく「ぼん太」しか行かない。

大将自身も両親と一緒に「ぼん太」に食べに行くのが、いつも楽しみでした。
ご両親お二人とも、亡くなる前の最後の外食が「ぼん太」でした。それほど、「ぼん太」のお好み焼きを、家族みんなが大好きでした。

初代大将と

先代の大将(左)と大将(右):二代目ぼん太ホームページより

 

大将は、いつしか、この人々の幸せに直結しているお好み焼き屋が、本当に素晴らしい職業だと思うようになりました。しかし、そんな大将も、学校を卒業して、普通にサラリーマンとしての生活を送るようになります。

ある日、家族の思い出がつまった「ぼん太」が閉店するという話を耳にした大将は、いてもたっても居られず、脱サラをして「ぼん太」を引き継ぐことを決意!!それまで飲食店の経験は一切なかったのですが、すぐに弟子入りし、「ぼん太」のお好み焼きを身体で覚えていき、見事、「二代目ぼん太」としてお店を引き継いだのでした。

「ぼん太」の味の再現をきっかけに、お好み焼きの再現リクエストが届くように。

素人だった大将にとって、常連が慣れ親しんだ「初代ぼん太」の味の再現は大変苦労されたそうです。同じ料理でもシェフが変わると違う料理に感じるように、お好み焼きのタネの配合や焼き方は同じでも、焼き手が変わったことで、「初代ぼん太の味とちょっと違う」と感じられる常連さんもおられました。

外観

初代の味を守りながらも、大将が焼く「二代目ぼん太」のお好み焼きが、地元の人に受け入れられ、愛されるようになった頃、お客さんから、全く別の廃業されたお好み焼き屋の味を再現してほしいというリクエストが寄せられました。

淡路に生まれ育ったお客さんには、その人にとっての思い出のお好み焼きがあるのです。たとえば、淡路本町商店街の中にあった「馬場屋」の広島風お好み焼き。地元の子ども達は「馬場焼き」と呼び、淡路に生まれ育つ40代〜50代の方にとっては懐かしいお店です。

さらに、新大阪に近い西淡路にあった「やました」。おばちゃんが1人で切り盛りしているお店なのですが、あぶらかすの入った本モダンが大人気で、おばちゃんが体調不良の仲、お客さんに支えられて続けられていました。しかし、その「やました」もおばちゃんが倒れられ、とうとう閉店に。

「馬場焼き」も「やましたの本モダン」も、なんとかあの味を復活させて欲しいというお客さんの熱い思いがあり、「二代目」の大将だからこそ、その思いをくみ取り、「二代目ぼん太」に新しいメニューとして加わったのでした。

 

常連の舌に聞く、看板メニューの再現プロジェクト。

「馬場屋」と「やました」のお好み焼きの再現には、地域の人も積極的に関わっていただきました。

「やました」の“本モダン”は、ゲストハウス木雲(もくもく)のセルフビルドに参加してもらっている塚本さん(コミュニティキッチンMOGUMOGUで、塚本さん企画のイベントも開催していきます)が、やましたの秘伝のレシピを入手し、解読することで、さらなる完成度に近づいています。塚本さんが言うには、「やましたと完全一致とは言えないけど、完全一致はさせない方が良いかも。やましたはさらに煙たくて焦げた感じで、身体に悪そうで、それが良いかどうかと言われると、ここまでくると、もうわからない!」という域に到達しています。

調理中

その結果、「二代目ぼん太」は、「馬場焼き」に「やましたの本モダン」が楽しめ、本来の「二代目ぼん太のお好み焼き」を加えると、なんと3店舗の味を引き継ぎ、3種類のソースを使い分けるスーパーお好み焼き屋さんになっているのです!

 

3つとも味わいたい場合、どう頼んだらいいか?

お待たせしました。やっとお好み焼きのご紹介です。

「二代目ぼん太」には、「初代ぼん太」、「馬場屋」、「やました」の3店のお好み焼きが味わえます。

お好みカット

お店のメニュー表には「馬場焼き風お好み焼き」などのお店の名前はないので、注文するときは、以下のように頼みます。

・初代ぼん太;普通のお好み焼き

・馬場焼き:「広島風」お好み焼き

・やました:「本モダン」の「カス入り」

(ネタは豚でも、イカでも、お好みの具材を選んだらいいです)

お好み焼きだけでなく、串焼きもおすすめです!

二代目ぼん太の串焼き

二代目ぼん太の串焼き

個人的には、牛串と豚肉チーズ巻きは頼んでしまいますね〜。
あ、焼きそばも旨いのですが、こちらもおすすめはホルモン焼きそば!

ビールや酎ハイのアテに、一杯お楽しみください。

二代目ぼん太 店舗情報
平日は朝11:00~夜21:00(14:00~17:00は休憩)
日・祝日は朝11:00~夜19:00
※オーダーストップは閉店30分前


大きな地図で見る

エピソードをもっと詳しく知りたい方は、
二代目ぼん太 ホームページ へ

 

次回は、粉もん第二弾「たこ焼き」のお店を紹介予定です。

ご予約受付方法のご案内

必要事項をメールにご記入の上、下記メールアドレスにお送りください。
空室状況を確認後、当館から24時間以内にメールをお送りいたします。

English >>

<予約専用メールアドレス>
reservation@mokumoku-mogumogu.com

以下の条件によってキャンセル料を頂戴いたします。
宿泊日の2日前:30%、前日:料金の50%、当日キャンセルまたは不泊:料金の100%
(宿泊予約の代表の方に請求し、お振込いただきます。)

チェックイン時に日本円現金にて合計金額をお支払い頂きますようお願い致します。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

<必要項目>

①お名前・ふりがな
*複数人でお泊りの場合は代表者名

②性別
男性 or 女性 or 該当しない

③ご希望する部屋タイプ、宿泊人数、宿泊日数
以下の例のように、お書き下さい。
複数名で宿泊される場合は、それぞれのお名前でご記入ください。

【杉の間】
・ 男女混合のドミトリーで、木製の2段ベッドとなっています。
*1人1泊 3,500円

【桧の間】
・ 女性専用のドミトリーで、木製の2段ベッドとなっています。
・ お部屋に鍵がかかるようになっており、女性専用部屋に宿泊されるお客様にだけ、ルームキーをお渡し致します。
* 1人1泊3,800円(定員6名)

【桜の間】(個室)
・ 和室で、お布団での宿泊となります。
・ 最大3名様でご利用頂けますが、2名でのご利用が最適です。
・ 洗面・トイレは共同です。
* 1名で宿泊される場合:1泊7,000円
* 2名で宿泊される場合:1泊10,000円

【藤の間】(個室)
・ 和室で、お布団での宿泊となります。
・ 最大3名様でご利用頂けますが、2名でのご利用が最適です。
・ 洗面・トイレは共同です。
* 1名で宿泊される場合:1泊5,000円
* 2名で宿泊される場合:1泊10,000円

④チェックイン予定日時

⑤ご住所
*複数人でお泊りの場合は代表者

⑥連絡先電話番号
*複数人でお泊りの場合は代表者

+++++++++++++++++++++++++++++++++

<予約申し込みメールのひながた>

件名:ゲストハウス木雲のご予約申し込み_○○ (○○にお名前をご記入ください)

本文:

■宿泊情報
小林太郎、男性、杉の間、1泊 (代表者)
2016年4月1日17:00頃にチェックイン予定

渡辺花子、女性、桧の間、2泊
2016年4月1日17:00頃にチェックイン予定

■代表者住所
〒533-0032 大阪市東淀川区淡路4丁目33ー4

■代表者の連絡先電話番号
06-6476-9192

※その他お問い合わせがございましたらご記入ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

<予約メールの送付先メールアドレス>
reservation@mokumoku-mogumogu.com

尚、当館からの返信メールをもって、ご予約を承ります。
万が一、満室等の事情により、予約ができない場合がございますので、あらかじめ、ご了承ください。
返信メールは、24時間以内にお送り致します。
よろしくお願い致します。

 

オープニングイベントのご参加ありがとうございました!

この数日、気が抜けております!

ゲストハウス木雲(もくもく)のもじゃ店長こと、
森川です。

先週末は、ゲストハウス木雲のオープニングイベントを開催させて頂き、多くの方にご来場頂き、誠にありがとうございました!

ご芳名頂いた方、
1日目74名
2日目82名
計158名でした。

また、ご芳名頂かず、内覧だけをしてくださった皆様を含めますと、200名を超える皆様にお越し頂けた2日間でした。

これだけ多くの皆様に、
これだけ盛大に祝福して頂けたと思いますと、
本当に、気が引き締まる思いですが、
現時点では、なんとも気が抜けており、
つい先ほど、改めて来場者数を数えさせて頂いた次第です…。

本来であれば、おひとりお一人に、
お返事をしなければならないところ、
誠に申し訳ございません!!

気長に、どうか、気長に、
お待ち頂ければと思います。

また、当日の様子を紹介させて頂きたい
…と思ったのですが、
私自身、当日の写真を1枚も撮っていないという、
なんとも気の抜けた話で…。

もし、よろしければ、みなさん、当日の写真等、
送って下さい!

ゲストハウス木雲のエントランス
現在、保健所・消防署の検査関係も順調に進んでおり、
3月の中頃には、正式に営業を開始できる見込みです。

そして、また、改めて告知致しますが、
まだ、完成したというには、心許ない点が
多数ございます。

引き続き、DIY作業へのご協力をお願い致します!

でも、今週末はお休みします!!

3月5日(土)の14:00〜、
またまたペンキ塗りを行います。
ゴミ箱も作ろうと思います。
洗面にも取りかかろうと思います。
円い窓は、まだ開けません。

お時間が許される方、
お越し頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します!

2015/2/15の工事進捗報告

みなさま、進捗の御報告です!
今週末にオープンだと言っておきながら、
まだまだごちゃごちゃ動いているのですが、
見てください!
下記のリストの★マークが、著しい進捗があった箇所です!

ゲストハウス部分では…
①受付カウンターを作る(1階)
⇒★後は、台輪に色を塗って、側面に穴開けて、ライトしこむだけ!
②女性専用部屋の天井補修(2階)
⇒★完成して頂きました!
③壁の塗装(1階全部)
⇒★完成して頂きました!
④畳の部屋の最後の大掃除(2階)
⇒★完成して頂きました!
⑤廊下の床張り(あと一枚!)と床の塗装(2階)
⇒★あと床の塗装だけです!今晩やります!
⑥照明器機の設置(2階)
⇒まだです…、頑張ります…
⑦建具の作成(1階丸窓の近く…)
⇒頑張れる気がしてきました!
⑧★予定になかったエントランスにベンチができちゃいました!

飲食店部分では…
①カウンターを作る(飲食店部分)
⇒★今晩完成見込み…?
②2階は見捨てる
⇒★掃除はできそうです!!
③階段補修もあきらめる
⇒できちゃうかも!?
④洗面もどうやらオープンには間に合いません
⇒ええ、間に合いません。でも、木タイルは明日にでも設置します!
⑤キッチン周りの補修も、まぁ、目立たない所なので…
⇒いつか、やります。
⑥ロケットストーブ作りたかったです
⇒来年の冬に向けて!
⑦木テントのタッチアップ…はやりましょう!
⇒梅雨までにやります!
⑧床の塗り直し…
⇒暖かくなってからやります!
⑨丸窓の穴開け……
⇒暖かくなってからやります!
⑩しとみ戸を作る…!!
⇒★めっちゃできました!あと少し!

恐らく、お手伝い頂いたみなさまの中には、
この★もオレが付けたやつ、
と確信して頂けていると思いますが、
本当に、みなさんのおかげです。

特に先週末にかけては
センパイご家族筆頭に、
やすこさんにあいみさん、かどまるさん、
あかさこさんにかとちゃん、
大橋さん、
そして山本さん、
本当に遅くまで、
ありがとうございました!

あと少し、どうか、よろしくお願い致します!!

12697033_447626502104500_8268210662628800310_o

写真は、楽しげな大橋さんと、カウンター!?

DIY vol.19-20 総仕上げ

946166_441731382694012_3716407772571675602_n

【完成間近!?】
これまで床やトイレ、いろんな壁を塗ってきましたが、30日、31日の週末で最後の総仕上げです。

そうです、総仕上げです!

やるやる詐欺も、がんばる詐欺も、やればできる詐欺も、撲滅です!!

この週末で、本気で、本当に、完成するんです!
この週末が、この週末で、この週末なんです!

みなさん、お忙しい最中とは思いますが、
ほんの少しだけでも、助かります。
塗りたい箇所、掃除したい箇所、
沢山あります。

どうか、ご協力・ご尽力の程、
よろしくお願い致します。

尚、当日ですが、
みなさんのご自宅・会社等で、不要なぞうきん、ございませんか!?
布きれでもなんでも結構です。
木雲の色んな所に、洗いをかけたいと思っています。
そのまま捨てる気持ちで使いたいと思っていますので、
本当に、不要なぞうきんで結構ですので、
お持ちいただければ幸いです!

どうか、ご協力の程、よろしくお願い致します!!

もちろん、終わったあとには昭和湯の温かいお風呂をご用意しています。

▼開催日時
————————–——————-
1/30(土)10:00〜16:00
1/31(日)10:00〜16:00

1日だけ、途中からでも、是非宜しくお願い致します!
————————–——————-

※ペンキ等が服につくこともあるので、汚れてもいい服装でお越しください

本年も、何卒、よろしくお願い致します

本年も、何卒、よろしくお願い致します。
ゲストハウス木雲(もくもく)のもじゃ店長こと森川です。

さて、1/21がオープンですと声高く宣言しておりますが、とりあえず、そのスケジュールで頑張っています!!

工事スケジュール

が、やはり、色々、無理が出てきています!
みんなでつくるゲストハウス、是非とも、もう一息、
最後まで、ご協力の程、よろしくお願い致します。

今後の作業スケジュールは下記の通りです。
お時間が許す方は、ご参加・ご協力頂ければ幸いです!

1/9・10は両日共に、10時から16時まで、追い込み作業を行います!9日は、細かい作業を色々やって、10日はシーラーといって、ペンキの下塗りをします。

1/13は、お昼からコンクリートの土間打ち教室を予定しています!はたさんという、ちょーかっこいい方が、土間コンの打ち方を教えてくださいます!

1/14は大好評だったアサヒペンのペイント教室、今回は床と天井です!壁も一面だけ、塗りたいなぁと思っています。平日なのですが、是非、ご参加下さい!!

1/16は、いよいよ本丸、2段ベットづくりです!アルブル木工教室より、3度目の教室を開催頂きます!

いよいよなのにまだまだですが、ホントに気合いを入れて、頑張ります。ゲストハウスづくりをするようになって、森川の体重のベクトルが、生まれて初めて、減る方向を向いています…。